クラブ

「クラブ」関連記事の一覧ページです。ドライバーだけの記事を読みたい!アイアンが苦手だからアイアンの記事をたくさん読みたい!そんなニーズに応えて、クラブに関する記事を紹介します!

スポンサーリンク
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーの飛距離アップのコツ|アベレージゴルファーはヒップターンを意識せよ!

ドライバーはだれが何と言っても「飛ばすためのクラブ」ですよね。でも、ドライバーが飛ばなくて悩んでいるゴルファーのなんと多いこと(もちろんリス太もね涙)。それなら、ヒップターンを覚えないと飛距離アップは望めませんよ!
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーは「アッパーブローで打つと良い」の真実

ドライバーショットはアッパーブローが良いですよね?でも、意識してアッパブローに打とうとするとミスになります。「結果として」が正しいんです!
クラブ全般

ロフトが立っているクラブが得意になる方法

初心者が苦手なクラブといえば、フェアウェイウッドやロングアイアンといった、ロフトが立っているクラブですよね。得意になっちゃいましょう!
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーはシャフトプレーンを意識するとスライスが治る!?

なんでドライバーがスライスしちゃうんだろ~!!!そんな悩みはゴルファーならだれもが一度は抱えたことがあるはず。そんな悩みもシャフトプレーンの意識でスパッと解決しちゃうかもしれませんよ。
アイアン(ロング・ミドル・ショート)

アイアンはクラブを落とすだけ、は正解?

ゴルフをやっていると、いろんなところで聞く言葉がありますよね。その一つが「アイアンは上からクラブを落とすだけ」。たしかに素敵な響きなんですが、ほんとに落とすだけなのでしょうか?くわしくお話しします!
アイアン(ロング・ミドル・ショート)

ロングアイアンはコンパクトなバックスイングが肝!|振り切ればゴルフは簡単

ロングアイアンは苦手ってゴルファーは多いですよね。ロフトも立ってますし、シャフトも長いしで難しいです。でも、コンパクトなバックスイングに気を付ければ案外簡単に打てるようになりますよ!
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーはダウンブロー?アッパーブロー??

ドライバーはダウンブロー、アッパーブローどちらが正しいのか?ってよく聞く議論ですよね。でも、どっちが正しいとか間違ってるとかじゃないんです。結果としてドライバーはアッパーブローに打つものなんです。
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーがスライスする原因は3つしかない|まっすぐ遠くへ飛ばすポイント

ドライバーのスライスっていやですよね。とくに朝一番のティーショットでこれをやっちゃうと1日のラウンドが台無しに…。初心者はとくに悩むドライバーのスライス。実は原因は3つしかないんです!
パターを極める

パターでカップをオーバーしちゃうゴルファーの特効薬|手首じゃなく肩を使う!!

パットが苦手なゴルファー、特にカップをオーバーしちゃう人にお伝えする特効薬です。パターは手首じゃなくて、肩を使うんですよ!
アイアン(ロング・ミドル・ショート)

アイアンをダフらないで打つ3つのポイント

ゴルフ初心者を悩ませるアイアンの「ダフり」。いやですよね。なぜダフってしまうかを理解すれば、アイアンのダフりとお別れできます。それには3つのポイントがあるんです!
パターを極める

パターはタップ式とストローク式どっちが有利?

パターは型なしと言われますが、とはいっても型があるんです!初心者のうちからなかなかじっくり教わることはありませんが、タップ式とストローク式に大きく分かれます。詳しくお話しますね!
アイアン(ロング・ミドル・ショート)

ロングアイアンをスライスしないで打つコツ

ロングアイアンって難しいですよね。スライスしてしまったり、そもそも全然飛ばなかったり、ダフってばかりだったり。ゴルフ初心者ならなおさらです。ロングアイアンをうまく打てるようになるコツをお伝えします!
フェアウェイウッド(FW)

フェアウェイウッドが打てない理由

フェアウェイウッドが苦手なアマチュアゴルファーは多いですよね?ロフトが立っていて、しかもシャフトも長くて、苦手意識をもつのは当然です。そこで、フェアウェイウッドが打てない理由から、打てるようになる対策法をお伝えします!
ドライバー(1番ウッド)

ドライバーをまっすぐ飛ばす3つのポイント

ドライバーをまっすぐ飛ばせれば、ティーショットのスライス地獄から解放され、ゴルフがさらに楽しくなります。ドライバーをまっすぐ飛ばすポイントを3つお話しします。
パターを極める

パターのバックスイングは引くのではなく回転する!

パターが苦手な人はストローク式のパッティングスタイルにすることで上達することができます。ただし、バックスイングでパターをまっすぐ引く意識ではなく、肩を回転させる意識を持ちましょう!
パターを極める

パターでパンチが入らないための練習法

パッティングが苦手なゴルファーはパンチが入ってしまうことが多いのではないでしょうか。パンチが入ってしまう最大の理由は手打ちですね。手ではなく肩の回転でストロークするようにしましょう!
パターを極める

パターのコツはグリップの力にあり!

パターが苦手なゴルファーは多いですが、パターが上手い、下手というのは、スムーズにいつも同じストロークができるかどうかで決まります。そのために重要なポイントがグリップの力なんです!
フェアウェイウッド(FW)

フェアウェイウッドの打ち方のコツは振り切ること!

フェアウェイウッドは難しいって思ってないですか?でも、ある一点に注意すれば、フェアウェイウッドを得意クラブにすることができますよ!それは、「フィニッシュまで振り切る」ことです。
ユーティリティ(ハイブリッド)

ユーティリティ(UT)の打ち方

せっかくユーティリティを買ったのに使い切れていない、そんなことないですか?ユーティリティのタイプによって、打ち方が異なりますよ!ウッド型かアイアン型に分かれます。
アイアン(ロング・ミドル・ショート)

ロングアイアンを持ってるなら練習で絶対使うべし!

ロングアイアンを持ってるのに、使っていないってことないですか?もしそうなら、絶対使った方がいいですよ。ただし練習で、です!!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました