タイトリスト製ギア紹介

リス太の愛するスーパーゴルフブランド、タイトリスト製のギア紹介記事一覧です。MB、CB、スコッティキャメロンなど、すばらしいギアを挙げればキリがない!

スポンサーリンク
タイトリスト製ギア紹介

タイトリストTS2、TS3|スピードをテーマにした新ドライバーが登場!

917の次は919だろうな。そう思っていた世界のタイトリストファンを驚かせた新ドライバーの名前は「TS」。Titleist Speed Projectが生んだ「TS2」「TS3」の2本はタイトリストのR&Dチームが技術の粋を結集して作った画期的ドライバーなんです。
タイトリスト製ギア紹介

アイアンだけがタイトリストじゃない!まっすぐ飛ばすならタイトリスト「917D2」

アスリート向けアイアンの「MB」や「CB」シリーズが有名なタイトリストなので、どうしても難しいイメージが付きまとうメーカーですが、ロングセラーのドライバーシリーズ「917」はそんなことありません!まっすぐ遠くへ飛ばせる「917D2」の紹介です!
タイトリスト製ギア紹介

アイアン型ユーティリティとしても使える「718T-MB」

718T-MBはタイトリストに革命をもたらすアイアンです。中空アイアンならではの許容性と高比重タングステンウェイトが生み出す飛距離、抜群の操作性、薄いフェースが最高の打感までゴルファーに与えてくれます。
タイトリスト製ギア紹介

これ、本当にタイトリスト?やさしいぶっ飛び系アイアン「718AP1」

もともとやさしいアイアンとして評価の高かったAP1。でも、タイトリストファンからすると、MBやCBなどの上級者向けこそタイトリストでしょ!といった評価があったのも事実。でも、「718AP1」はちょっと違います!やさしさ・許容性だけではなくて、「ぶっとび系アイアン」の称号がふさわしいスーパーアイアンなんです!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリストの新マッスルバックアイアン「718MB」

タイトリスト718紹介シリーズ第4弾は「718MB」です。やっぱりタイトリストといえば、MBですよね。たしかに初心者には使用するハードルが高すぎるアイアンですよね。でも、操作性も抜群でなによりも精悍な見た目とこの打感の良さはゴルフの楽しさそのものを教えてくれる最高のアイアンです。
タイトリスト製ギア紹介

やさしくなったタイトリスト「718CB」

タイトリスト「718」掘り下げシリーズ第3弾!今回は「718CB」です。CBユーザーのリス太がCBの歴史から仕様、スペック、今までのモデルと比べてどうなのか?を説明しますよ!
タイトリスト製ギア紹介

「718AP2」vs「716AP2」どう変わった??

タイトリストから発売開始になった「718AP2」!マッスルバックのMBやハーフキャビティのCBよりも少しやさしいキャビティバックアイアンの最新作は何と言ってもデザインが秀逸!716AP2と比較しながら718AP2を紹介します!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリストの新ユーティリティ「818H1」「818H2」

2017年9月30日に国内発売を開始したのは、アイアンの「718」シリーズだけでなく、ユーティリティメタルの「818H」です!H1とH2でデザインだけでなく、使用感も異なるようなので、詳しくみてみました!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリストの新アイアン「718AP3」登場!

とうとう2017年9月30日、待ちに待ったタイトリストのアイアン新シリーズ「718」が発売になりました。とくに話題になっているのが、新製品「718AP3」ですね!今回は718AP3を様々な角度から分析してみます!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリストのクラブは初心者には難しい?

タイトリストのクラブは初心者には難しいと言われます。たしかに上級者向けのモデルが多いのは事実ですが、それでもやさしめモデルだったありますし、好きなら思いきって使ってみて良いと思います。だって、このクールで洗練されたデザイン。素晴らしいですよね!タイトリストの魅力をたっぷり伝えます!
タイトリスト製ギア紹介

ああ、美しきスコッティキャメロン|セレクト2018シリーズも紹介!

今回は名実ともに世界No.1パターブランドである「スコッティキャメロン」の紹介です!スコッティキャメロンの歴史から特徴、おすすめパターまで紹介しますよ!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリスト愛 〜716CB〜

リス太の愛するタイトリストの中でもバランスの取れたアイアン、716CBをご紹介します。MBほど難しくなく、かつハーフキャビティならではの操作性の高さを兼ね備えた名器ですよ!
タイトリスト製ギア紹介

タイトリスト愛 〜716MB〜

タイトリストといえば、「マッスルバック」ですよね?いや~、しぶくてかっこいい!でも、まさに上級者向けのアスリートモデルですから、生半可な気持ちなら買わない方が良いです。でも、この洗練されたデザインと打感の良さは何物にも代えがたい逸品です!
スポンサーリンク