ロングパットのコツは練習グリーンにあり!

ロングパット練習 パターを極める

ロングパットはむずかしい

はじめに

パターが苦手な人はショートパットが苦手な人が多いですよね。

でも、ショートパットは練習を積むことで上手くなります。
いや、パター上達のコツはすべて練習にあり!です。

パターなら家でも練習できますからね。
毎日やっていれば上手くなります。

特にショートパットが苦手な人は、狙ったところにまっすぐボールを転がすことができない人が多いですよね。

まさに練習でカバーできます。

まっすぐストローク練習

でも、ロングパットとなるとなかなか家では練習できませんよね?

そこで、今回はロングパットのコツをお伝えしますよ!

ラウンド前の練習グリーンが鍵!

練習グリーン

パターの基本は狙った方向にまっすぐストロークできることです。

これができれば、パターが上手くなります。

でも、ロングパットの距離感となると、練習グリーンでしかなかなか練習できません。
よほど広い家に住んでいれば別ですが。

そこでラウンド前の練習グリーンをフルに活用する方法をお教えしますね。

まずは端から端まで打つ

パター練習

練習グリーンはその日のグリーンの速さを知るために有効ですよね。

これはロングパットでも重要です。

ラウンド中にいきなりロングパットを打って距離感を合わせるのはなかなか大変ですから、練習グリーンでその日の最大距離の振り幅をつかみましょう。

約30メートルを端から端まで数球打って、その日の自分の最大振り幅を把握しておくんです。

こうすると、どんなに長いパットもこの振り幅を超えることはないという基準ができます。

ショートする人、オーバーする人

カップをオーバー

オーバーする人は簡単ですね。

練習グリーンでの最大振り幅を思い出して、そこから調整です。

基本的にオーバーする人は、パッティングでパンチが入りやすい人なので、打つのではなく、運ぶイメージでゆったりとストロークするといいです。

カップをショート

ショートが多い人は、テークバックよりもフォローを大きく長めに取るようにすると、ボールの転がりも良くなり、ショートしにくいのでオススメですよ。

いずれにしても、練習グリーンでの最大距離を基準に距離感を調整しましょうね。

なにはともあれ練習

パターマット

とはいえ、パター上達には練習に勝るものはありません

今は様々なパターマットが出ています。

家でいくらでも練習できますからね。

距離感練習器具つきパターマット

これはいいですね!距離感をつかむための練習器具つきですよ。

ラウンド前の練習グリーンにももちこめるので、まさにロングパットの練習にもうってつけですね!

グリーンオン レーザーコーチパッティング

こいつは画期的です!ポイントは2点。

パターに装着すれば、カップへ打ち出すべき方向をレーザーが指し示してくれます。

方向性に悩むゴルファーに真っすぐストロークする感覚を教えてくれます。

そして、もう一つこの器具のすごいところは、距離に応じて振り幅まで教えてくれるところです!
なんてこった!ロングパットの練習までできちゃいますね!!

ほかにもパター練習道具はさまざまなメーカーから出てますからね。

いっぱい練習して、スコアアップしちゃいましょう!

おわりに

ロングパットのコツは練習グリーンにあり!でした。

ラウンド前の練習グリーンは、その日のグリーンコンディションを知るための絶好のチャンスです。

最大限活用してラウンドで日頃の練習成果を発揮しましょうね☆

タイトルとURLをコピーしました