フッカー・スライサーにおすすめのドライバー

ドライバー ドライバーおすすめ・選び方

ドライバー

はじめに

ゴルフ初心者のほとんどが悩まされるドライバーのスライス、嫌ですよね。
朝一から気合い入れて打ったティーショットがOB…。

心が折れますよね。

一方でスライスから脱却しても、今度はフックに悩まされるゴルファーも多いですよね。
こっちもOBの危険度大ですから、治さないと安心してティーショットが打てません。

スライスもフックもスイングで解決

ティーショット

どちらのミスもゴルフスイングが基本通りできればミスとしては起きないはずです。

手打ちしない
体の回転を止めない
右肩を落とさない
などなど。

よく言われるのは、でんでん太鼓の動きのように体の回転に遅れて腕が後からついてくるようにスイングできると、まっすぐ飛ぶと言われます。

それで、ミスとしてのスライス、フックは出にくくなっても、人には持ち球というものがありますから、まっすぐ打てるとは言ってもフェード系、ドロー系に大別されます。

そして、スライス、フックのミスは完全になくすことはできないですから、フェード系の持ち球の人がスライスのミスをしたり、ドロー系の持ち球の人がフック(引っかけ)のミスをしたら、やはりOBまっしぐらです。

OBなどの大ミスをなくす

ティーショット

そんなわけで、ミスを100パーセントなくすのは難しいですが、OBなどの大ミスをしないようにすることはできます。

先ほどの例でいうと、ドロー系の人はフック(引っかけ)のミスをしないフェード系の人はスライスのミスをしないようにすればいいんです。

そのために最も簡単なのは、「道具を選ぶ」ことです!

ドライバーのフェース角度は実は違う

フェース角度

一般的にはドライバーは普通にアドレスすると、スタンスに対してフェースがスクウェアになります。

じゃなければ、構えにくいと思いますよね。

でも、ドライバーの中にはデフォルトでフェースが開いている(開いてみえる)モデルや閉じている(閉じてみえる)モデルがあります

開いていればオープンフェース、閉じていればフックフェースと呼ばれます。
よく、「逃げ顔」とか「つかまり顔」とか聞くと思いますが、あれですね。

ゴルファーによってやってはいけないミスがあるわけですから、このドライバーのフェース角度をうまく使えばいいんですね。
もちろん、実際にフェース角度が違う場合と、そのように見える顔である場合がありますよ。

いずれにせよ、フェード系の持ち球のゴルファーなら、フックフェース・つかまり顔のドライバーを選んで、右へのミスは絶対にしないようにする。逆にドロー系が持ち球のゴルファーオープンフェース・逃げ顔のドライバーを選ぶわけです。

これで、大きいミスを減らすことができるわけですね。

おすすめオープンフェース(逃げ顔)モデル

最後にオープンフェース(逃げ顔)、フックフェース(つかまり顔)ごとのおすすめドライバーです。

テーラーメイド RBZ(ロケットボールズ) STAGE2

人気の「ロケットボールズ」のセカンドバージョン!
構えたときにオープンに見えるので、フッカーが安心して叩けます。

テーラーメイド M1 460

フェースがすこし右に傾いているのが特長です。

おすすめフックフェース(つかまり顔)モデル

テーラーメイド グローレF2

フックフェースなので、スライスに悩むゴルファーに最適!

ダンロップ XXIO(ゼクシオ)9

フェースが丸みを帯びていて、安心して叩けるモデルです。

おわりに

ドライバーのオープンフェースとフックフェースについて、でした。

ある程度ゴルフに慣れてくると、ミスは減ってくるものですが、とはいえ完全にはなくせません。

自分の持ち球がわかってくると同時に、ある程度は対策も打っておいた方がいいです。

そのためにも、ドライバーのフェース角度を理解して、自分にあったものを選びましょうね!

タイトルとURLをコピーしました