ターゲットラインにスクエアにアドレスするスマートな方法

グリップはやわらかく アドレスのコツ

グリップはやわらかく

はじめに

ターゲットに対してスクエアにスタンスを取ることは、ナイスショットのための必要条件。
でも、ゴルフを始めたばかりだと、これが難しいんですよね。

練習場だと、マットにラインが引いてありますからね。あまり、スクエアにアドレスすることを難しいと思わないですよね。

ところが、本番のゴルフコースでは線なんかどこにも引いてないですからね。
ターゲットにまっすぐに立つことが難しいわけです。

グロースメディアでは、何度かスクエアなスタンスの取り方について記事にしていますが、今回は「スマートに」がキーワード。さぁ、行ってみましょう!

ゴルファーの8割は右向きアドレス

ハンドアップ

そもそもアドレスがターゲットラインにスクエアじゃないとなにが起こるのかというと、当然ミスになりますよね。

真っすぐ右へ打ち出す

よく言われるのが、ゴルファーの8割は右向きアドレスだってことです。

これ、聞いたことあると思いますが!何故そうなるかというと、ターゲットを決めて、そこに対してスクエアに立ちますよね。
その時点ではスクエアだったとして、右利きの場合、ボールと体(もっというと目の位置)が離れています。

すると、ターゲットとスクエアに立っていても、視線はターゲットよりも左側になりますよね。

ちょうどボールとターゲットを結ぶ線と並行して、体とターゲットの左を結ぶ線があって、体と目はそちらの線上に乗っかっている感じです。

だから、錯覚するわけです。
ターゲットよりも左向いてるって。

それを嫌がって、自然に体を右に向けるんですね。

そうすると、ターゲットラインとスイング軌道がクロスします。結果、アウトサイドインのスイング軌道になるわけです。

なので、スライスします。

ターゲットラインにスクエアに構える方法

アドレス

念のためおさらいしましょう。

ターゲットラインにスクエアにスタンスを取る方法は、大きく分けて2つ。

まず、ボール後方から打ちたい目標を定めます。

ターゲットライン

その後、ボールと決めたターゲットの間に枯芝などの目印(スパット)を見つけ、そのラインに対してスクエアに構える。

目標2

これでOKです。

ただ、慣れないと目印を見つけるのも大変ですし、あえて目印になるものを見つけて、それに合わせてボール位置を決める、って流れになりそうです。

これ、スマートじゃないですよね。

スマートにアドレスする方法

女子のアドレス

もちろん、スマートである必要は絶対的にあるわけじゃないです。

ないですけど、プレーファーストはゴルフのマナー

スマートであることに越したことはありません。
アドレスでわちゃわちゃしたくないですもんね。

まず、ボールの後方に立って、目標を見定めます。
そして、目印を見つけてスクエアに立つ。この流れは同じです。

でも、すでにお話しした通り、ボールと体の距離が離れているので、右利きの場合、目標よりも左を向く感覚になりますが、これに慣れてしまい、もっといえばこの感覚を覚えてしまうことでスマートにアドレスできるようになります。

もちろん目印も見つけるし、ルーティンとして、なにかを変える必要はなく、クラブの長さごとにどれだけ左を向く感覚になるかを体に覚えこませるんですね。

そうすると、スマートにターゲットラインにスクエアなアドレスが作れるようになりますよ。

おわりに

まずは、ターゲットラインにスクエアにアドレスできるようになること。
次に、ゴルフコース特有の左を向いている感覚に慣れることが大切です。

スムーズにアドレスできるようになると、プレーのリズムにも好影響。同伴者にとっても、他の組のゴルファーにとってもありがたい限りですからね。

ターゲットラインにスクエアにアドレスするスマートな方法でした☆

タイトルとURLをコピーしました