アプローチはフェースローテーションをしないのが正解!

アプローチのシチュエーション アプローチのコツ

グリーン周り

はじめに

アプローチってゴルフ初心者にとってはパター同様悩みの種ですよね。

パターがうまくなるには練習第一って言いますが、それでも初めからセンスがあって器用なゴルファーはいます。
ほとんどパター練習しないのに、なぜか入る人いますもんね(うらやまし~!!)。

でも、ことアプローチに関しては、練習しないとうまくならないですよね。

なぜアプローチだけ決定的に難しいのかというと、実は打ち方が違うからなんですね!

アプローチの秘密、お教えします。

アプローチとアイアンショットの違い

小平智選手

参照元:https://www.prgr-golf.com

アプローチとアイアンのフルショットとの大きな違いは、言わずもがな距離ですよね。

そして、距離が違うので、フルショットで使うようなフェースの開閉(ローテーション)を極力使わない方が方向性も距離感も安定します。

通常のアイアンショットを考えると、テークバックでフェースが開き、インパクトでスクエアに、そしてフォローでフェースが閉じる動きになりますよね。

アプローチの場合は、ボールを飛ばす(キャリー)と転がす(ラン)をうまく使う事が重要で、なおかつアイアンのフルショットと違って、カップに寄せるための精度が求められます。

にもかかわらず、アプローチでもショット同様にフェースローテーションを使ってしまうと、必要以上にボールが転がったり、方向性が出なかったりするわけです。

アプローチが苦手なゴルファーを見ていると、もれなくフェースを閉じたフィニッシュをしているように思います。
打ち方的には手首を使っちゃっているケースも多いですね。

でも、アプローチは方向性重視ですから、フェースローテーションは極力抑えた方が成功率が高まります。

ライン出しショットで大切なこと

ウェッジ

よくゴルフのトーナメントをTVで見ていると、「あ~、これはライン出てますねぇ。」とか聞いたことないですか?

そうなんです。
方向性重視のショットだと、プロゴルファーはアイアンでもドライバーでも「ライン出し」のショットをしてきます。

ライン出しとは、要は方向性重視のショットなんですね。

アマチュアゴルファーでこれをやろうとすると、かなりの高確率でミスりますが、アプローチはそもそも正確性重視ですからね。
ライン出すに決まってるんです。
だから、ライン出しアプローチを覚えちゃいましょう。

ライン出しアプローチの極意

つま先上がり

ライン出しのためには、フェースがインパクトでスクウェアになることが重要です。

そのためには、アドレスで構えた状態にフェースが戻ってくれば良いわけです。

ここで重要なのは、フェースローテーションを一切忘れることです。

通常のピッチエンドランで、仮にクラブをSWかAWだとします。

ボールを右足寄りに置いて、左足体重にしてアドレスを取ったら、あとは手首の角度を一切変えません。

小平智選手

参照元:https://www.prgr-golf.com

まったく手首を使わずに、体の回転で打つだけです。

アウトサイドインとか、クラブを落とすなどの意識を持つと、手でクラブを操作する動きが入ってしまうので、とにかく手、腕は使いません。

とにかくテークバックからインパクト、フォローまで体の回転主導でスイングします。

とくにテークバックは手、腕から動かしてしまうと、すでに手打ちの危険度大なので、体が回転してから遅れて腕がついてくるくらいの感覚でOKです。

アプローチ

今まで手打ちでアプローチしていた人は、切り返し・インパクト・フォローまでの流れが難しく感じるかも知れませんが、スイング中の意識は上半身ではなく、下半身に置きましょう。

両足の太ももをギュッと締める(くっ付ける)イメージで下半身を固定させると、上半身が勝手に回転します。その回転の流れでインパクト・フォローまで一気にクラブを振り抜きます。

振り抜くといっても、あくまでアプローチですので、決めた振り幅までですけどね。
あくまでも途中でゆるまないことが大切だってことです。

アプローチ

そして、インパクトした後のフォローも大切です。
アイアンのフルショットだと、フェースがローテーションして閉じる動きをしますよね。
アプローチのライン出しでは、フェースのローテーションはさせないので、手首の角度はそのままです。

フェローでも自分からフェースの面が見える状態でフィニッシュを迎えるのが、ライン出しアプローチの重要なポイントです。

この辺は、実際に動画を見ると分かりやすいと思います。
ジョーダン・スピース選手の動画を載せますが、フェースが開閉していないのが、よくわかりますよね。後方から見ると、フェースがずっと画面からも見えますよね。

それにしても、うまいっすね~笑

フォローで左ヒジを抜く感じがライン出しに行ってるって感じがします。

おわりに

「アプローチはフェースローテーションをしないのが正解!」という記事でした。

ゴルフでは、パターを除くすべてのショットは同じとは言われますが、何から何まで一緒なわけじゃないんですね。

手打ちはだめとか、前傾姿勢を維持してとか、ゴルフの基本となる部分は共通ですが、打ち方となると、異なる部分があるわけです。

アプローチでしょっちゅうオーバーしたり、チョロばっかりだったらラウンドで心が折れますからね。
そんなゴルファーは是非是非ライン出しアプローチの練習をしてみてくださいね。

自信をもってラウンドできるようになると思いますよ☆

タイトルとURLをコピーしました