スコアを一気に10打縮める3つの方法

ライが悪い マネージメント・メンタル

ライが悪い

はじめに

スコア110前後をうろうろしている人は非常に多いのではないでしょうか?

あるデータによると全ゴルファーの80パーセントが該当するとか…。

すごいっすね!
それだけゴルフは難しいってことですね。

一方で、メジャーなスコアの壁といえば「100切り」ですよね。

110前後のスコアから100切りを目指すなら、10打縮めないといけないわけです。
途方も無い数字ですか?

いえいえ。そんなことないです。

特に平均して110前後で回るなら、基本的な部分はある程度できているはず。

あとはマネージメントなんです。
10打縮める3つのポイントをお伝えします!

OBを打たない

青空とボール

これは基本的なことですが、100切りのためにはOBを極力減らしましょう。

OBだと1打罰ですから実質2打多く叩くことになります。
OBは大抵ロング、ミドル、ショートに関係なく、ティーショットでやらかしちゃうことが多いはずです。

しかもドライバーが多いですよね。

110前後で回るなら、OBが2、3回はあるはず。2回あったらこれだけで4打ですよ。
場合によってはドライバーを使わないくらいの割り切りが必要です!

アプローチは転がす

アプローチ

アプローチの機会は、パーオンしない限り必ず訪れますよね。
下手するとドライバーよりも回数が多いわけです。

でもアプローチのたびにザックリやホームランだと、大叩きにつながりやすいです。

ちなみにアプローチでSWを多用する方、結構います。でも、これが結構危険です。

まずロフトが寝てるので、球が上がります。その分ランよりもキャリーの比率が高くなりますよね。ということは距離感が合いにくいです。

また、張り出したバンスの存在やロフトが寝ていることから、トップしやすい構造でもありますし、手打ちになるとザックリも起こりやすいです。

ここは割り切って、転がすことを選択すべきです。

ゴルフはゴロフというくらい、転がした方がカップに寄りやすいです。

アプローチ時の考え方としてはこんな手順で考えましょう。

パターは使えないか
ショートアイアンは使えないか<
PW
AW

上のように、できる限りミスをする確率が少ない順にクラブ選択しましょう。
それだけで、大叩きを防ぐことができます。

パターが命

練習グリーン

そして、パターです。
スコアが110前後だと、3パットが多いはずです。
パット1打目は距離感、2打目は方向性ですが、2パットで終われるようになると、それこそスコアが劇的に伸びます。

パッティングについては各種記事をアップしてますので、参考にしてくださいね。

おわりに

スコアを一気に10打縮める3つの方法でした。

10打となると、スコアとしては大変なインパクトですが、やってることはシンプルです。

とにかくミスする確率を減らすことなんです。
ミスしやすいティーショット、アプローチ、パッティングで、少しずつミスを減らしていくだけで案外簡単に10打縮まるんです。

気づけば100切りですよ!

でも、練習はしっかりやりましょうね笑

タイトルとURLをコピーしました