ボールが狙いより左にまっすぐ飛んでいく!さあ、どうする?

ボール マネージメント・メンタル

ボール

はじめに

ゴルフをやっていると、自分のミスの傾向って見えてきますよね。

練習場でどんなミスをしてるのか、しっかり把握することが大切です。
たまのナイスショットばかり頭に残っていると、本番ではどうにもなりませんから。

さて、ゴルフコースでティーショットも、2打目も狙いより左にボールが飛んでいくとします。引っかけですね。
これ、本番で起こったら即OBになる可能性がありますよね。
ティーショットでも2打目でも怖いミスです。

ミスが起こらないようにするためには、練習場でも同じように、引っかけやすい傾向があるのか、それともその日に限って、ということなのかによって、対応を変えなきゃいけませんよ!

そもそも引っかけはなぜ起こる?

さぁ打つぞ~

ここでいう引っかけは、チーピンまではいかない、まっすぐ狙いより左にボールが飛んでいく状態ですよね。

体の回転が止まってフェースが閉じた状態でインパクトしてしまって起こるチーピンは、ボールにフック回転がかかりますが、この場合はボールがまっすぐ飛んでますから、フェースはスクエアなんですね。

だとすると、想定される原因は以下の2つです。

・もともと左を向いている
・アウトサイドイン軌道

このどちらかですね。

練習場でのミスの傾向は?

練習

たとえば、本番でボールが左に飛んで行く原因が、もともとターゲットよりも左に向いてしまっているからだとすると、練習場ではそうはなりませんよね。
練習用のマットにはラインが引いてありますから。

だとすると、本番特有のミスな可能性が高いです。

つまり、ターゲットに対してスクエアに構えられてないんですね。

ゴルフでは、ボールの位置と目の位置が離れていますから、まっすぐ構えることにも慣れが必要です。

詳しくは「正しい方向に向けないアドレスの悩み」の記事を参考にしてくださいね。

アウトサイドイン軌道になる原因

へっぴり腰

もともと左を向いているわけではないとしたら、もう一つの原因はスイングがアウトサイドインになってしまっていることですね。

そもそもアウトサイドイン軌道にスイングしているのであれば、練習場でも同様なはずなので、スクエアにスイングできるように修正が必要ですよね。

でも、そうではなくて、無意識にアウトサイドインになってしまうとしたら、どうしたらいいでしょうか。

これ、先ほどのターゲットラインにスクエアに立つことと問題は同じなんです。

今度は自分が右に向いてしまっていることに気づかないケースです。

ロングティー

ターゲットラインよりも右を向いているのに自分では気づかず、意識の上では自分の向いている方向よりも左を意識してスイングするので、結果としてアウトサイドインになるんですね。
結果、ボールは目標よりもまっすぐ左に飛んでいきますよね。

あとはもう一つ。
本番のコースに出ると、練習の時よりもボールを右に置いてしまう傾向あったりしませんか?

練習と本番は全然違いますからね。たとえば、ティーショットで左に打ちたくないってプレッシャーが強いと、無意識にボールを右に置きやすいと思います。

でも、右に置くと引っかけやすいですからね。

本番では勇気を持ってボールを左に置くことで改善されるかもしれませんね。
まぁ、一番大切なのは、練習場と同じようにプレーすることですけど。

おわりに

ボールがターゲットより左にいってしまうとすれば、一番の原因はターゲットに対してスクエアに立てていないことなんですね。

あえてインテンショナルショットを打つ場合は除いて、ターゲットよりも左に向いても、右に向いてもミスになります。

スクエアに立つことが大切です。

初心者のうちは、きっちりアドレスを取ることに注意すると思うので、むしろラウンドすることに慣れているゴルファーの方が当てはまるかもしれませんね。

原点回帰。
ターゲットに対してスクエアに立つこと。

改めて気をつけてラウンドするようにしましょうね☆

タイトルとURLをコピーしました