今さら聞けないゴルフでミスをなくすための4つのチェックポイント

女子のアドレス マネージメント・メンタル

女子のアドレス

はじめに

いきなりですが、ゴルフのミスといえばこれですよね。とくにフルショット限定で考えてみると、、、?

・スライス
・フック
・トップ
・ダフり

もちろん他にもありますが、なんとなく嫌な順に並べて見ました。

個別にいえば、スライスはフェースが開いているからだし、フックはその逆ですね。
トップやダフりはアドレスでクラブを構えたところにインパクトで戻ってこないから起こるわけです。

一つ一つ原因を探るのは別の記事に任せるとして、スイングは全体で考えないと破綻します。

前傾姿勢を維持して、体の回転でフィニッシュまで振り切ること。
これがゴルフの基本ですから、それができれば上の4つのミスは起こらない。
でも、起こる。

では、起こらないためにスイング中に意識すべき4つのポイントをおさえましょう!

スイング中に意識できるのはせいぜい2つ

フェアウェイウッドのショット

いきなり矛盾してますね…涙

チェックポイントを気にしながらスイングするとなると、4つは無理ですよね。
だって、スイングって一瞬で終わりますから。
4つのポイントを意識しながらは、正直厳しい。

なので、スイング始動前のアドレス時点で2つ、始動後2つくらいなら実践できます。
さぁ、中身に入りますよ~。

アドレス① ポスチャーは正しいか

ハンドダウン

まずはポスチャーですね。アドレスの姿勢をポスチャーといいます。

前傾姿勢を作る大切な作業であるアドレスでのポスチャーでスイングの良し悪しの大部分が決まると言っても言い過ぎじゃないくらいに重要なんです。

ただ、ここではポスチャーの作り方ではなく、チェックポイントに限定してお話しするので、端的に言うと、「膝が前に出ないこと」が重要です。

膝が曲がり過ぎないといってもいいですね。膝を曲げすぎないようにすると、自然と足の母指球に重心がかかりますので、スウェーを防ぐ効果があります。

前後左右のスウェーを防いで、スムーズに回転するためのチェックポイントですね。

アドレス② グリップの力が抜けているか

グリップ

ナイスショットの秘訣はフィニッシュまで振り切れていること、タメができていることなど色々あるんですが、共通しているのがグリップに力が入り過ぎていないことです。

そのためにはアドレスの時点でグリップに力を入れないことが必須。
スイングの途中で力を抜くことはできないですから。

むしろアドレス時に抜いた力が入らないように維持することが重要です。

とくにトップからダウンスイングでグリップに力は入りやすいので、トップでクラブの重さが感じられるくらいに弱く握り続けることが大切なんです。

その大前提としては、アドレス時点のグリップはMAXで10だとしたら2くらいの力加減ですかね。それをスイング中維持できるようにしましょう。

バックスイング③ 体で始動

アプローチ

ゴルフはスイングプレーンから外れないようにスイングすることが大切ですが、そのためにはインサイドインの軌道でクラブを振る必要があります。

ミスが多い人はどうしても手でクラブを上げてしまうことが多いので、あくまでも体の回転に引っ張られてどうしようもないので、腕が上がるくらいの意識でバックスイングをしましょう。

感覚は人それぞれなので、体でバックスイングを始動させるコツは練習しかないですが、右ポケットを後ろに回すとか、お尻の右側を切り上げるとか、自分の感覚でしっくりくる動きを繰り返し練習してつかみましょう。

とにかく、バックスイングは腕や手ではなく、体で始動することが大切です。
インサイドインにクラブを振るためのチェックポイントですね。

切り返し④ 左足を踏み込む

タメがすごい

最後にフィニッシュまで振り切るためのチェックポイントですね。また、ボールの飛距離、直進性を高めるためには、左足を軸に体をフィニッシュまで回転させる必要がありますので、インパクト、フォローでは全体重が左サイドに移動することになります。

そのためには、トップからの切り返しのタイミングを左足の踏み込みにするといいです。
左足をターゲット方向ではなく、地面に対して垂直に踏み込むのをきっかけにしてダウンスイングに入るんですね。

このチェックポイントに気をつけると、ボールにパワーが伝わりますし、しっかり体が回転できるので、ボールも飛ぶし、方向性も良くなりますよ。

おわりに

「今さら聞けないゴルフでミスをなくすための4つのチェックポイント」でした。

ゴルフスイングは一瞬で終わる動作なので、スイングを指導する前のアドレス時点でほぼ良し悪しが決まっちゃいます。

スイングが始まったら、せいぜい2つ。

体でバックスイングを開始することと、トップから切り返しで左足を踏み込むこと。
これです。

チェックポイントは少なくして、ミスが起こりにくい形を作ってからスイングを始めることがほんとに大切なんです。
スイングは個々の部分だけを直してもなかなか全体のバランスが崩れちゃいますからね。
枝葉ではなく、木、森を見れるようなチェックポイントを設けて、ナイスショットを☆

タイトルとURLをコピーしました