正しいコックの作り方|スイングの成否はコックで決まる

コック スイングのコツ

コック

はじめに

ゴルフを始めたばかりの頃は、ボールにクラブを当てるだけでも大変ですよね。
でも、ゴルフってどのレベルになってもやっぱり難しくて、自分でゴルフをうまくなったなって、なかなか思えない難しいスポーツです。

まぁ、だからゴルフは楽しいんですけど。

とはいえ、自分でも上達を感じられる瞬間があるとしたら、練習場でもコースでも同じように打てるようになった時じゃないでしょうか。

ゴルフは小さなボールをシャフトの先についたこれまた小さなクラブフェースで打つスポーツですから、少しでも動きがブレてしまうとナイスショットにはなりませんよね。

そして、ナイスショットの確率を上げるためには、スイングの再現性を高めなければいけません。

この、再現性を高めるために重要なのが、正しくコックを作ることなんです。

ナイスショットの秘訣

コックを開放

ゴルフのスイングは、アドレスで作った前傾姿勢を維持して、体の回転でフィニッシュまで振り切ることが基本ですよね。

この基本には、2つのポイントが隠されています。

それは、

・手打ちしない
・スウェーしない

これですね。

アドレスで作った姿勢が正しい前提ですが、アドレスと同じ位置にクラブが戻って来れば常にナイスショットになるはずですから、ミスをするとしたら、上の2点が邪魔をしているわけです。

では、なぜ手打ちしたり、スウェーしたりするのかというと、イントゥインの正しいスイングができていないからですね。

イントゥインのスイングには正しいコックが必要

マキロイのバックスイング

ゴルフは、スイングプレーンと呼ばれる正しいスイング軌道に沿ってスイングする必要があります。
手打ちやスウェーは、スイングプレーンにとって大敵。すぐプレーンから外れてしまうのでミスになります。

インパクト

スイングプレーンに沿ったスイングは、インサイドに上げてインサイドに下ろす、イントゥインの正しいスイングですが、常にクラブが体の近くにあるように保たないと、すぐにスイングプレーンから外れてしまうんですね。

では、手打ちやスウェーを防ぐためにはどうするかというと、コックを正しく作ることが肝なんです。

コックって何?

コック

コックは手首の角度のことですが、効率的にボールにパワーを伝えるためには、インパクトでコックを解放する必要があるので、バックスイングからトップでコックを作って、インパクト直前まで(右足の前までグリップが下りてくるまで)コックを維持することが、ゴルフにはとても大切なんです。

俗に言うタメですね。

タメがすごい

ちなみにコックは手首を親指側に折る動きです。

よく勘違いされますが、手の甲側に折らないように注意しましょう。手の甲側に折る動きは正しいコックではありません。

もちろん、力任せにボールを打つならコックがなくても打てます。
でも、すでにお話しした通り、小さいボールを小さいフェースで打たなければならないゴルフでは、常に正確にボールをミートすることが飛距離、方向性の鍵ですよね。
だとしたら、力任せでは当たらないし、飛びません。再現性の高いスイングが必要だからです。

でも、再現性を高めるために、体の回転主導で手や腕に無駄な力を入れず、スイングしなければならないとしたら、今度は全然ボールが飛ばなそうですよね。

これを解決するのが、正しくコックを作って、インパクトで解放することなんです。

正しいコックの作り方

バックスイング

ところで、コックは必ず入ります。

よくノーコック打法とか聞きますよね。
でも、積極的にコックを入れる入れないの差はあっても、コックが全く入らないスイングはありません。
あったとしても、飛びませんしね。

そんなわけで、コックはナイスショットに必須ではあるんですが、コックを入れよう入れようとする意識が強いと、必ず右手が悪さします。利き手が右手の場合ですね。左利きの人は逆に左手が悪さします。

右手が強いと正しくない方向にコックが入ったり、体からグリップが離れてしまってスイングプレーンから外れます。結果ミスになるんですね。

理想のコックは自然にできること。
それには、左手一本でクラブを持っている意識が重要なんです。

試しに、左手一本でボールを打ってみてください。

左手一本
普段片手打ちをしない人は、左手一本だとバックスイングするのも大変なはずです。
しかも、ボールをクリーンにヒットするとなるとなおさらですね。

両手なら打てるのにって人は、それだけ普段右手を使ってしまっているってことです。

左手一本でスイングするメリットは計り知れないです。
体の回転主導でイントゥインの正しいスイング軌道でスイングしないと、ボールをきちんと打てないですから。

そして、なによりも正しいコックの作り方が自然と身につくメリットがあります。

グリップ

まず、大切なのはアイアンなどの重いクラブを使うことです。
重いクラブを左手一本でバックスイングしようとすると、コックを入れないとうまくクラブを上げられないはずです。

左手が地面と平行になるまで上がった時点で、自然とシャフトが立つはずです。

これが正しいコックの作り方なんです。あとは、体を回転させるだけで、バックスイングは完了です。

左手一本でスイングすることで、体の回転主導のイントゥインのスイングとコックの正しい作り方の2つが同時に身についちゃうんです。

左手一本

ついでに、左手一本で重いクラブを扱うと、体の回転でクラブを引き上げるしか方法がないので、トップの位置もコンパクトになりますので、一石二鳥、いや三鳥ですね。

あとは、両手スイングに戻しても、左手一本でスイングするときと同じ意識でスイングすると、正しくコックが作れ、イントゥインの正しいスイングでショットできるようになりますよ。

水野リス太画像

リス太

正しいコックの作り方という記事だったはずが、気づけば左手一本でスイングすることのメリット、みたいな記事になってしまいましたね。でも、左手一本打ちの練習はメリットしかない素晴らしい練習法なので、絶対試してみてくださいね!とくに、コックを正しく作るときに邪魔になる右手を制御する感覚をつかむのに最適なんです。

おわりに

正しいコックの作り方でした。

コックは腕が地面と平行になった時点でもう完了していることが理想です。

あとは体の回転だけを使ってスイングすると、イントゥインの正しいスイングが身につき、再現性が高まりますので、ミスが激減します。

そして、コックの正しい作り方には、左手一本打ちが最適なんです!

是非、いっぱい練習してスライスの悩みや飛距離不足の悩み、方向性の悩みを一気に解決しちゃいましょうね☆

タイトルとURLをコピーしました