ウェッジ

スポンサーリンク
ウェッジおすすめ・選び方

ボーケイSM7登場!|タイトの名器がリニューアルしてどう変わったの?

あこがれのウェッジといえば、タイトの「ボーケイウェッジ」ですよね。2018年3月23日に発売された新作「ボーケイSM7」の紹介です。前作「SM6」との違いを探っていきますよ!
ウェッジおすすめ・選び方

フォーティーンの新作「FH forged V1ウェッジ」

憧れのウェッジといえば、タイトリストの「ボーケイ」シリーズともう一つ外せないのが「フォーティーン」のウェッジですよね。2018年2月10日発売の新作「FH forged V1ウェッジ」の紹介です!
ウェッジおすすめ・選び方

初心者にもオススメ!驚異のスピン性能の「マックダディ4ウェッジ」

スピン性能の高さが製品名になっているウェッジがあることをご存じですか?キャロウェイの「マックダディ」がそうなんです。2017年11月に発売になった最新作「マックダディ4」の紹介です!
ウェッジおすすめ・選び方

初心者おすすめのウェッジ決定版!「匠ウェッジクラブ」

ゴルフ初心者にとって、スコアアップに決定的に重要なクラブといえば、ウェッジですよね。でも、ウェッジを買い替えるには結構お金がかかる…。そんな悩みは東邦ゴルフの「匠ウェッジ」で解決です!
ウェッジおすすめ・選び方

みんなの憧れ、純鉄ウェッジ|三浦技研「MG-S01」

「純鉄」って知ってますか?アスリートモデルのアイアンやウェッジは「軟鉄鍛造」モデルが多いですが、それをさらに超えてくる「純鉄鍛造」ウェッジの三浦技研「MG-S01」の紹介です!
ウェッジおすすめ・選び方

ウェッジはロフト角の組み合わせで選ぶ!

ウェッジはよく使うところでPW、AW、SWとありますが、PWのロフト角を基準に自分の最適なロフト角のものを数本そろえるのが王道です。詳しく解説します!
ウェッジ(PW・AW・SW)

ウェッジでスピンをかける2つのコツ

ウェッジでのアプローチがピンの付近でピタッと止まるとかっこいいですよね。プロならではの技術のようで、実際にはそんなことはありません。しっかりと基本通りのスイングができたら、たった2つのコツでスピンの効いたアプローチができますよ!
ウェッジ(PW・AW・SW)

ウェッジでスピンをかける打ち方

ウェッジでスピンをかけるのは、プロならではの技なんかではないです。我々アマチュアゴルファーでも簡単にできますよ。原理と打ち方を覚えましょう!とくにフェースを空に向けてスイングするのがコツですよ。
ウェッジおすすめ・選び方

憧れの名器タイトリスト「ボーケイウェッジ」

タイトリストといえば、「ボーケイウェッジ」ですよね!このクールで洗練されたデザインは他に類をみません。ボーケイウェッジの素晴らしさを独断と偏見でまとめました!
ウェッジおすすめ・選び方

バンカー脱出ならこれ!フォーティーンC-030

バンカー脱出のコツは2つです。一つ目がバンカー専用のアドレスを作ること。そしてもう一つが「フォーティーン C-030」を使うことです!
ウェッジおすすめ・選び方

やさしいウェッジなら「ドルフィン・ウェッジ」

アプローチが苦手な人は練習も大事ですが、思い切ってこの「ドルフィン・ウェッジ」に替えてしまうのもありかもしれません。一気にアプローチが得意になりますよ!
ウェッジ(PW・AW・SW)

ロブウェッジは必要?

ロブウェッジは必要か?初心者にとって、という意味では不要と断言して良いかも知れないです!なぜなら、ロブウェッジは上級者向けのミスしやすいクラブだからですね!
ウェッジ(PW・AW・SW)

これでウェッジはもうトップしない!

ここぞという場面でウェッジでトップ。精神的ダメージが大きいですよね。ティーショットでうまく打てたときほど、そうなってしまうのが怖いところです。そんな不安からおさらばする方法は、ボールの行方を気にしない、これだけですよ!
ウェッジ(PW・AW・SW)

ウェッジで飛距離を打ち分ける

ウェッジでの飛距離を打ち分ける方法です。本番では40~70ヤードくらいの中途半端な距離が残ることって結構ありますよね。練習場でこのくらいの距離をオートマチックに打ち分けられる練習をしておくと、実戦で使える武器になりますよ!
アプローチのコツ

ランニングアプローチはパターと同じ打ち方?

ランニングアプローチはゴルフ初心者のスコアアップにとって、とっても重要な武器になります!アプローチは、どうしてもSWやAWでふわっと浮かしたくなる気持ちはわかりますが、やっぱり転がして寄せるのが基本です!
ウェッジ(PW・AW・SW)

サンドウェッジでもうトップ、ザックリしない!

サンドウェッジをアプローチで多用するゴルファーって結構多いですよね。でも、サンドウェッジはバンスが張り出してますから、地面に跳ね返ってトップ、ホームランが怖いですよね。また、ゆるむとザックリも起こるし...。対策をお話しします。
ウェッジ(PW・AW・SW)

ピッチングウェッジで飛距離を打ち分ける

アプローチはAWやSWというゴルファーは多いですが、ロフトが寝ていてバンスの大きいクラブは実はミスしやすいんです。そこまでロフトも寝ておらずシャフトも短いピッチングウェッジはバランスの良い、飛距離の打ち分けがしやすいクラブですよ!
スポンサーリンク