ゴルフはフィンガーグリップが基本!

グリップ ゴルフ用語

グリップ

はじめに

ゴルフで一番はじめに習うのは、ゴルフクラブの握り方ですよね。

グリップは体とクラブの唯一の接点ですから、実はものすごく重要です。
グリップがいい加減だと、絶対にショットもうまくいかないんです。

でも、初めてゴルフクラブを握った時に、グリップの仕方もそこそこにスイング練習に入った人も多いのではないでしょうか。

グリップはこんなに重要なのに…。

そこで、グリップの基本であるフィンガーグリップについて、お話しします。

グリップはゴルフの全てを決める

手の平

ゴルフを始めて、期間が経ってくると、スイングにばかり頭が行きがちです。

やれ、インサイドインだ、ベタ足がどうだ、といった具合です。

もちろんスイングは大切ですが、それ以前にグリップがしっかりしていないと、たとえスイングが良くてもゴルフはうまく行きません。

そして、もう一つ。

グリップといっても、みんな検索したり、調べたりするのは「ストロング(フック)グリップ」の握り方とかそっちの方が多いですよね。

オーバーラッピンググリップ

そもそもゴルフクラブはどう握るのか、という基本中の基本についてはあまり考えないゴルファーが多いように思います。

だって、そんなの当たり前じゃん、くらいに思っているゴルファーが多いのかも。

でも、改めてゴルフクラブの握り方を見直してみると、今抱えている悩みから抜け出せるかもしれないです。

グリップはフィンガーグリップが基本

スクエアグリップ

改めてお話しすると、ゴルフのグリップにはフィンガーグリップとパームグリップの2種類があります。

フィンガーグリップとパームグリップ

意識しないで握るとパームグリップで握ってしまうことが多いです。

なぜなら、指で引っ掛けるように握るよりも、手の平全体で握った方が力が入りやすいからですね。

握力が弱く、手が小さい女性ゴルファーであれば、パームグリップで握るしかない場合もあります。

でも、男性ゴルファーなら、絶対的にフィンガーグリップが基本です。

なぜなら、ゴルフではグリップの力が入れ過ぎないのが基本だからですね。

グリップの力はMAXが10なら2で握る

グリップはやわらかく

ゴルフは先端に重いヘッドが付いているシャフトの長いクラブで、小さなボールを打つ競技です。

ですから、少しでも本来あるべきスイングプレーンから外れてしまうと、ミスにつながります。非常にシビアなスポーツですね。

また、ボールをまっすぐ遠くへ飛ばすためにはフィニッシュまでゴルフクラブを振り切ることが必須です。

そのために重要なのがグリップを強く握らないことなんですね。

グリップの力が入ると、体全体に力が入りますから、ミスします。

そして、グリップの力加減はMAXが10なら2から3の力で握るとか、小鳥を手の平で包むくらいの力加減とか言われるくらいゆるく握るのが正解です。

小鳥

そして、これを実行するためにはフィンガーグリップで握るしかないんですね。

おわりに

ゴルフはスイングよりもアドレスが重要です。

スイングは始まってしまったらもう止められないですから。

でもアドレスはいくらでもやり直せますよね。
スイングの準備です。

そして、準備の中でもグリップは最重要です。

なにせ体とクラブの唯一の接点ですからね。

シャンクが止まらないとか、スライス地獄に悩まされているとか、原因は案外基本中の基本であるグリップにあるかもしれません。
この機会にフィンガーグリップで正しく握れているか、確認してみましょうね☆

タイトルとURLをコピーしました