傾斜

スポンサーリンク
シチュエーション別

トラブルショットの打ち方|傾斜地で気をつけるべきポイント

ゴルフの難しさ。それは、ゴルフコースでは平坦なライからのショットがないことですよね?傾斜からのショットは立派なトラブルショット!というわけで、傾斜の状況ごとの打ち方、気をつけるべきポイントをおさらいします!
シチュエーション別

傾斜からうまくショットを打つ3つのコツ

傾斜ってむずかしいですよね。でも、シンプルに考えると案外簡単に打てるようになります。ポイントは3つしかないんです。「傾斜なりに立つ」「回転」「フルショットしない」これだけです。
シチュエーション別

つま先上がりのライからのショット

傾斜からのショットに関する記事です。今回は「つま先上がり」のライからのショットの打ち方です。とくにドライバーがスライスしたときの2打目はこのシチュエーションがありえます。しっかり対策しましょう!
シチュエーション別

つま先下がりで右サイドが池のシチュエーション

つま先下がりのシチュエーション、いやですよね?しかも大きな池が右サイドで口を開けて待っていたら…。でも、そんないやーなライからでも落ち着いてショットできるコツ、ポイントをお伝えします!
シチュエーション別

左足下がり(右足上がり)で目の前がバンカーの時のアプローチ

バンカー越えのショットはいやなもんですが、しかも左足下がり(右足上がり)のライだったらなおさらですね…。こういった状況では、傾斜でのショットの基本に立ち返ることが大切です。ポイントさえ抑えてショットすればナイスリカバリーになりますよ!
シチュエーション別

右足下がり(左足上がり)のアプローチ

シチュエーション別講座、今回は「右足下がり(左足上がり)のアプローチ」です。ザックリが起こりやすいライになるので、ポイントを抑えて練習しましょう!このライからのアプローチは機会として多いので、しっかり対策しましょう☆
パターを極める

パター苦手克服 〜傾斜を読む2つのポイント〜

パットイズマネーと言われるくらい、パターはスコアアップに重要です。ただ、グリーンの傾斜を読むのが、難しいんですよね。そこで、傾斜を読む2つのポイントをお話しします。
スポンサーリンク